使い道より返却を考えキャッシング

アラサー主婦の化粧品代は月1万円が限界

主婦になってからというもの独身時代よりも、
基礎化粧品やメイクにかけるお金が少なくなりました。
月にだいたいトータルで1万円かかっていないくらいです。
内訳はファンデーションに2000円、マスカラに1000円、化粧水と美容液に5000円、
二重テープや涙袋ペンなどに2000円という感じです。
目が一重なので二重テープはどうしても欠かせないんですよね。知りたいことはこちら→セラミド 化粧品←ここを見て。

 

化粧水はオークションなどで安く購入していますが、
SKーUのフェイシャルトリートメントエッセンスなのでそこそこの値段はします。
美容液は薬局などで売っている1本で乳液や日焼け止め、美容液など色々入っているものです。
本当はもっとコラーゲンだったり、美白効果がスゴイ1本2万円ほどの美容液が欲しいのですが、難しいですね。
コスメ本を読んでいると高い化粧品がたくさん紹介されているので目に毒です。もっと調べたい方はこちらセラミド 化粧品是非チェックしてください。

 

試供品をたまにくれる方がいるのですが、基礎化粧品ではなく口紅が多くてガッカリします。
リップはニベアのトリートメントエッセンス入りの500円ほどのもので十分だと思っています。
30代になると色をつけることよりも肌そのものが勝負になりますね。